IQサプリ毎回答えが分からない・・・答えを聞けば納得、現実でも少し違う観点から物事を考えよう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

FXで一番知りたかったこと

私の父は、穀物相場の相場師でした。
手亡という不思議な名前の銘柄と、赤いダイヤといわれていた小豆が
父の扱っていた相場でした。
この相場だけで父は家族を二十年以上も食べさせていました。
ですから、私は相場で生活ができるということを体で知っているのです。
その父が病で倒れ、他界したのは私がまだ学生の頃でした。

さて、私が投資を始めたのは今から二十年以上も前のことです。
父の影響からか、最初に始めたのは大豆の先物取引でした。
父から相場の手ほどきは受けていませんでしたが、
見よう見まねではじめたわけです。
当時はまだインターネットが広く普及していなかったので、
電話での取引でした。
今のようなリアルタイム情報などはなく、1日遅れで到着する
穀物新聞とNHKの世界の天気だけが頼りの、
今思うと恐ろしいほどに情報不足の中でのトレードでした。
そのような状況の中でも200万円以上の利益を上げたときもありますが、
何も勉強らしい勉強もせずに取り組んだ投資がうまくゆくはずがありません。

相場をなめていた罪で、
あるとき、私は数日で600万円ほど損をしてしまったのです。
当時の穀物相場は、今のFXのように顧客の意思で設定する
ストップロスという仕組みがまだ一般的ではありませんでしたので、
恐ろしいことにストップなしでの取引でした。
そして、損を出すとすぐに追証をしなければなりません。
数百万円の現金をすぐに用意するというのはたいへんなことでした。
当時の先物は、今よりももっと危険なものでした。


どうすれば、FXに勝てるのか…?
マッドサイエンティストのような研究、そして研究…

そういえば、相場師の父は部屋の壁一面にグラフ用紙を貼って、
手書きで罫線を引いていた。
そしてそれをじっと見て相場を張っていた…。

ようし、真剣に相場を勉強してみよう。

当時、ある会社の役員をしていた私ですが、
それからというもの相場の研究に没頭しました。
ダウ理論、一目、グランビル、アペル、ジョージ・レーン、ワイルダー、
ボリンジャー 、ウィリアムズ、シュワッガー、バーンスタイン…。
来る日も来る日も相場の研究をしました。

ちょうどその頃、FXにも出会うこととなったのですが…、


しかし…


そんな私をあざ笑うかのように
相場は私をFXの迷宮へと突き落としました。

続きを読む
スポンサーサイト


  1. 2007/01/29(月) 09:43:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wqeretrtt.blog86.fc2.com/tb.php/31-ea9fa080
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。